須々木由子の運営するSAX教室のご案内

レッスンのお申し込みはこちら

サックスのいろは

準備編

最低限必要な道具について

サックスをはじめるにあたって、まず必要な道具ってけっこうたくさんある。

  • マウスピース
  • リード
  • リガチャー(リードを止める金属または皮のもの)
  • マウスピースにつけるパッチ(貼ると若干響きが薄れる感はありますが、逆にキツメの音の人は貼ると柔らかめの音になるので良いです。私は貼る派。貼ると歯の位置も安定して吹きやすいです。ないとズレたりしますが、慣れればそんなことはありません。貼らない人も多いですよ。)
  • ネック
  • ストラップ
  • ※サックス本体

 リガチャーについてですが、これを変えるだけでもかなり音色や吹奏感が変化します。というかたくさん種類があります。値段も色々。金属タイプのものはBG、ハリソン(これは止める時にリガチャーが切れて壊れやすいと言われているので気をつけて使用を)、MOMO、セルマー、ヴァンドレンあたりがおススメですね。吹いた感じもだいぶ違います。BGはわりと明るく響きも多め、セルマーは吹奏感が軽めです。あと色というかかけてある材質によってもだいぶ変わってきます。ラッカー、ピンクゴールド、ゴールドプレートなどなど。
あとは革製のものもお勧めですね。私はもともと音がキツメのタイプなので、皮でうまくやわらかくなります。他に紐タイプもあります。ヴァンドレン製。

 マウスピースとの相性もあるので、例えばバンドレンのマッピの場合でかいのでリガチャーが入らないという場合もあります(涙)セルマーは大体どれでも大丈夫!


 マッピとリガチャーの組み合わせがしっくりくればかなり吹きやすくなりますし、奏法の改善につながることもあります。が、最終的には自分ですけどね(汗)


 それからネックだけゴールドプレートやスターリングシルバー、ピンクゴールドに変えるという方法もあります。これでもかなり音が変わります!例えばですが、楽器がゴールドプレートの場合、スターリングシルバーのネックをつけると、音色に凛とした締まりが出て強い音色になります。本体がラッカーでネックがゴールドプレートの場合、音色がさらに華やかに、響きも増します。


 それからストラップ。これもひとつひとつ違って、音の飛び方や吹奏感が全く違ってきます。
おすすめはバードストラップ。音の飛び方がとても良いし、息も入りやすいです。持ち替えも楽。
ブレステイキングもお勧めですね。上半身で支えている感覚があるので首や肩に負担がかかりにくいです。
あとはサスペンダータイプのもの(ズボンじゃないと不可、ズボンに取り付けるタイプ)も、安定感があり良いみたいです。


 などなど、自分に合ったものを見つけられると良いですね~!私も今のセッティングになるまでかなり苦労しましたけど、それは長い時間かかってやっと奏法が安定したからなんですよね。結局一番大事なのは道具じゃなくて自分の音をちゃんと聴ける耳です。もちろん、そのセッティングではそういう音しか出ないし、良くならないはずだよね…っていうのは聴いたり、楽器を吹かせてもらえばすぐわかります。なので、そういう場合、自分の耳(求めている音の方向性)を変えるか、セッティングを変える・誰かに一緒に選びに行ってもらうのが良いと思います!前の記事のようにマッピに消費期限があるように、セッティングもすごく重要な要素のひとつなので、行き詰ったら変えてみるのも手だと思います!

 その他に、お手入れ品も必要になります!それは次のページで

copyright © 2012-2016 YUKO SUSUKI All rights reserved. Supported Studio-sugu